笑顔の医者達

代替治療について

  • アンプル

    医療福祉とは、医療と福祉が連携をしたサービスや機関のことを指します。
    病気にかかった時には、医療機関での治療が必要になりますが、がんや大きな病気とわかった時には、患者は心配や不安で精神的にも不安定になりがちです。
    また、治療が終了しても再発の心配や、生活に何らかの制限がでてしまう場合には、周りの手助けが必要になることもあります。
    このように、病気になっても治療さえ終了すれば済むと言う問題ではありません。
    医療と福祉が連携して支え合うことで患者の尊厳や生活の質が保たれます。
    いざと言う時のために、医療福祉にはどのようなものかを知っておくことで、もしも家族が自分ががんと宣告されても、打ち勝つ気持ちが持てるでしょう。

    最近では、病院などにも医療福祉相談室を設置しているところが多くなっています。
    医療福祉相談室は患者やその家族など誰でも利用することができ、主に医療ソーシャルワーカーという専門の相談員が、治療のことだけではなく、経済的な問題や社会的な問題など様々なことを一緒に考えたり、アドバイスをしてくれます。
    また、医師や看護師に自分の希望や状況などについて上手く話せなかったり、治療について聞きずらいと言った場合でも対応してくれます。
    治療が終了して退院したあとの生活が不安な場合は、地域で利用できるサービスなどを紹介してもらうことも可能です。
    最近では、セカンドオピニオンを受ける人も増えていますし、民間の代替療法も数多くあります。